平成28年度 中国タクシー株式会社 安全報告書

 弊社におきましては、「最も優先されるのはお客様の安全である」を肝に銘じて輸送の安全確保に
 関し以下の取り組みを行っています。

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  (1)安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・
       社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
   
     (2)輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。

     (3)安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。

     (4)輸送の安全に関する情報は公開する。

 

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

       1.重大事故発生件数         1件 

        
 再発防止委員会を立ち上げ再発防止対策を講じました。

      
2.車内事故発生件数目標ゼロ  

      
3.軽微な自損事故(擦り傷・へこみ等)目標50%削減

3.事故に関する統計(自動車事故報告規則第2条に基づく件数)

       平成25年4月1日〜平成26年3月31日間 事故件数 6件
             100.000km当り 0.006件

        平成26年4月1日〜平成27年3月31日間 事故件数 5件
              100.000km当り 0.005件

      平成27年4月1日〜平成28年3月31日間 事故件数 5件
               100.000km当り 0.005件

         
注:軽微な自損事故は責任事故より除いています。

              

4.輸送の安全に関する重点施策

          (1)安全マネジメント体制の確立
          (2)役員による営業所点呼執行及び巡回
          (3)情報の共有化(重大事故・接遇事故)
          (4)交通事故・接遇事故絶滅への指導教育
          (5)酒気帯び運転絶滅へのアルコールチェックの厳正化

 

5.輸送の安全に関する計画

         弊社では、事故防止・情報の共有化として安全計画を立て教育等を開催し、
         安全マネージメントの浸透を図っています。

『輸送の安全に関する教育計画』

 

実施月 教育内容
随時 安全マネジメント会議 年5回以上
4月 非常時連絡網の周知・確認・点検
随時 デジタコの結果による研修
随時 ドラレコの結果による研修
3月 バスジャック対策訓練
3月 テロ対策訓練
3月 緊急時の対応訓練
3月 事故処理マニュアルによる訓練
3月 危険予知トレーニング
3月 ヒヤリハット調査結果による教育
3月 マニュアルによるクレーム処理教育
随時 適正診断結果による指導
3月 乗降時の安全教育
3月 労働時間研修
3月 車両点検、構造点検講習
3月 異常気象時における対処法研修
3月 タイア点検
11月 タイア総点検、冬用タイア交換、チェーン搭載点検
4月 苦情についての社内周知体制の確立

       以上を実施しました。

 

.輸送の安全に関する教育及び研修計画

       (1)定期研修
             @ 全社員研修        年1回
             A 新人運転士研修    10日間

       (2)特別研修
             @ 事故惹起者研修  1名    20時間
             A 初任者研修     3名    6時間
             B適齢者研修      3名    2時間       

            

.輸送の安全に関する内部監査の結果
       代表者、社長、安全統括管理者に対し、安全マネジメントの内部監査を実施しました。
       監査所見を社長に報告しました。
          

8.輸送の安全に関する投資計画
       SAS検査
       運転記録証明書
       最新モバイルアルコール検知器1式
       車線逸脱警報機
       前方車間距離警報機
       歩行者衝突警報機

       上記で約260万円組んでおります。


安全管理規定

中国タクシー株式会社 貸切旅客自動車運送約款

チュウタクツーリスト   旅行業約款